熊本地震で被災された皆様方へ心よりお見舞い申し上げます。

 

2016420

 

この度の熊本地震によりお亡くなりになられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げますとともに、ご遺族の皆様方に深くお悔やみを申し上げます。

 

可能な限り早期の救助と復旧が果たされ、被災された皆様に一日でも早く笑顔が戻ってくることを願っております。

 

私たち浦安市民は東日本大震災にて被災し、液状化による街の崩壊を前に言葉を失いました。

 

ライフラインが寸断され、「どうして、自分たちが、こんな目に遭うんだ」と、やり場のない深い悲しみの淵に落とされました。

 

しかし、日本全国の皆様や近隣自治体、日本政府からのご支援、そして行政と市民による復旧活動等により、震災前の平穏な生活を取り戻しつつあります。

 

街の中には、5年を経過しても震災の爪痕が残っており、今回の熊本地震において、当時の辛い気持ちを思い出しました。

 

同時に、厳しい時期にご支援くださった皆様への感謝の気持ちがこみあげてきました。

 

改めて人と人との繋がりの大切さを実感しております。また、今回の地震で被災された皆様も必ずや窮状を乗り越えられると信じております。

 

浦安市民は、今までにご支援頂いた方々への感謝の気持ちを忘れていませんし、困っている人たちを見過ごさない温かい気持ちを持っています。

 

浦安市内でも社会福祉協議会などが中心となって募金活動が始まりました。

 

私たちも、少しでも皆様のお力になれればと考えております。