髪の毛を速く乾かして、しっかりまとめて、ツヤツヤにする不思議なヘアードライヤー「Panasonic ナノケア」は、さすがに高いだけのことがあると納得した


2015年8月22日


 

こんばんは。

 

この前、迷惑メールボックスを見ていたら、心当たりのないネットショップから育毛剤の宣伝メールが入っていて、「おお、そういえばそういう歳だ」と妙に納得していたら、バイアグラの宣伝メールまで入っていて、どちらのメールも件名が「あきらめるのは、まだ早い!」だったことに冷笑したヒノデダッズムの僕です。

 

山田くん、全部持っていきなさい。

 

 

さて、ロードバイクに乗っているお父さんならご存じかと思いますが、ネット通販って楽しいですよね。

 

ちょっとしたパーツをポチって、自宅に届いて、それを自分の愛車に取り付けて、実際に走ったりすると、結構なストレス解消になります。

 

でも、毎回、毎回、自分のものが宅配で届いたりすると、さすがに妻に申し訳ないと思ったりもするわけです。

 

で、育児に家事に仕事に頑張っている妻の前で、少しは良き夫を演じてみようかと思い、自分なりに一生懸命に考えてポチってみることがあります。

 

木酢液入りの炭石鹸のように、たまにヒットして妻が喜んでくれたりするとうれしいわけです。


でも、空振りに終わることもあります。


例えば、これです。


肩コリで困っているという話を耳にしたので、理容院のようなマッサージャーを買ったのですが、数回、使って押入れに殿堂入りになりました。


とっても良い製品なんですが、妻が一人で使うには大きかったみたいで、二人組じゃないとマッサージが大変でした。


でも、うちの妻はクールで我慢強いので、なかなか自分でアピールしてくれません。

 

妻が喜んでくれる小物がないものかと、彼女の行動をジッと観察してみます。


いや、洗濯物を干したり、子どもの歯を磨くとか、夫としてやることはたくさんあるのですが、ここでは割愛します。

 

すると、どうやら、お風呂上りにドライヤーで髪を乾かしている時が暇そうです。

 

四十路の父親の髪の毛というのは、白髪が入ってパサついたりして実に速く乾くのですが、女性だとそうはいきませんよね。

 

妻が嫁入り道具のような感じで買ってきた日立製のドライヤーが古くなってきたので、新しいドライヤーを買うことにしました。

 

Amazonとか楽天で色々なドライヤーを検討していたら、パナソニックの「ナノケア」という、やたらと評価の高い製品がありました。

 

値段を見て驚きました。2万円を軽く超えています。たかだかドライヤーが、どうしてこんなに高いのか不思議でした。

 

でも、これだけ高いのに、どうして売れているのかも不思議でした。

 

自分のためだったら絶対に買わないのですが、これで妻が喜んでくれるなら、、、というか、これで妻の育児のイライラが少しでも減って、僕に優しくしてくれるのなら安い買物だと思いました。

 

しかも、普通は、2万2千円くらいするナノケアが、Amazonで特定のカラーだけが、1万8千円で売られていることに気付きました。

 

でも、さすがに、ドライヤーごときに2万円近くをかけるというのも何だかなぁと悩みました。

 

買っちゃいました。

 

Panasonicのヘアードライヤーのフラッグシップモデル、、、つまり最上位機種「ナノケア EH-NA96 」です。

 

だって、ドライヤーって、毎日使いますから、3年間使うとすればコストパフォーマンスは結構いいですし。

 

ちなみに、ナノケアは、つい最近(2015年8月)、EH-NA96からEH-NA97にモデルチェンジしました。おそらく、モデルチェンジのタイミングで、もう少し値引きされるんじゃないでしょうかね。

 

しかも、うれしいことに、なぜか、青色だけが2千円引きでした。

 

なぜ、うれしいか?

 

攻殻機動隊のファンのお父さんなら、すぐに分かりますよね?

 

多脚戦車「タチコマ」とすっごく良く似たカラーリングなんです!

 

ドライヤーのデザインもタチコマっぽいですよね? ほらほら、このページ ↓ とかを見てもらえると分かります。

 

http://www.kotobukiya.co.jp/product/product-0000001234/

 

でも、妻の反応は極めてクールでした。

 

僕的には、このデザインとカラーリングの素晴らしさを切々と説いたのですが、妻は、まるで孫悟空を見下ろす観音菩薩のような表情でした。

 

タチコマがどれだけ優秀なメカなのかというところから説明しないといけなかったようです。

 

最初に言っておきますが、このご紹介は、パナソニックのステルスマーケティングではありませんし、単に僕が商品の感想を述べているだけです。


僕の頭が足りないのか、箱に書いてある内容がほとんど分かりません。

 

「ダブルミネラルヘッドスパ」という単語が意味不明です。

 

温冷リズムモード? ナノイー? スキンモード? 速乾ノズル?

 

攻殻機動隊の映画版の監督をされていた押井守さんの説明と同じくらいに理解するのが大変です。


何を書いているのか理解できなかったけれど、とりあえず、気合いを入れて開発したという熱意は伝わりました。

 

さて、普通に買うと2万円以上するドライヤーの性能を見せてもらうことにします。

 

箱から取り出して触ってみましたが、確かにドライヤーでした。


タチコマのように風以外のものが発射されるとか、話しかけてくるとか、自分で移動するとか、そういったことはないようです。


確かに質感はありますけど、外見はいたって普通のドライヤーです。


でも、折りたたまれたハンドル部分を起こしてみたり、スイッチを動かしてみると、質感の良さが分かります。


「ムニッ」って感じで滑らかに動きます。


先っちょについているアヒルの口みたいなパーツが付属していました。


とりあえず、お風呂上りの妻に使ってもらうことにしました。


いつもは洗面台で結構な時間、「ブオォーン!」というドライヤーの音が鳴り響くわけですが、驚くほど速く音が消えて、妻が戻ってきました。


表情がとても満足気です。


これ、メーカーが「速く乾く」って言ってますが、本当に速く乾きますね。びっくりします。


しかも、妻の髪の毛が真っ直ぐになっているというか、しっかりとまとまった感じです。


あと、ほら、ドライヤーをかけた後ってパサパサしたり、妙にフワフワしませんか?


そういったことがないのです。あまり乾燥しすぎていなくて、とてもツヤが良くなりました。


じゃあ、子供でも同じ感じなのかなと思って、うちの子供の髪の毛を乾かす時に使ってみたんですが、本当に速く乾いて、まとまりも良いです。


では、お父さんの髪の毛ならどうかと思って、自分で使ってびっくりしました。


四十路の僕の髪の毛は短めですが、、、、それほど薄くもないはずなのですが、、、ほんと、数分で乾く感じです。


しかも、そこから整髪料を使う時がすっごく楽です。だって、ドライヤーをかけた時点で髪の毛がまとまっているので、ワックスとかで整える時もすっごく楽なんです。


「高いけど、お金をかけるだけの価値はあった!」と感動しました。


ということで、友達のお父さんにSNSで、「ナノケアって知ってます? すごいですよ、これ!」と伝えたら、


「ああ、うちもナノケア使ってますよ、あれ、いいですよね♪」とか「え? うちも買ってみる♪」というリプライがありました。


これはすごい。僕、ドライヤーをナメてました。


でも、ここまで速く髪が乾いたり、まとまったりするって、不思議ですよね。


何がここまで違うのだろうと。


とりあえず、風が出てくる部分を見てみます。


出口に何か白いパーツがついています。


気流を制御するとか、そういったものなんでしょうかね。


サイトを見ると、速乾ノズルというものだそうで、わざと気流に強弱をつけて髪の毛の束がほぐれやすくする働きがあるそうです。


上の部分に、何か得体のしれないパーツがついています。


なんだこれ? 普通のドライヤーでは見たことないぞ?


ナノケアのサイトを見たのですが、説明がよく分かりませんでした。


「ナノイー」イオンチャージPLUSで、「ナノイー」&ダブルミネラルがさらに髪に付着しやすく。しなやかでまとまる髪へ。


とか、色々と書いてますが、これ、日本語としてどうなんでしょうか? 何も知らないユーザーが見て理解できるとは思えないのです。


あと、色々ともっともらしい説明が図入りで説明されていますが、本当に科学的に証明されたモデルなんでしょうか?


専門の研究者とかエンジニアのお父さんに向かって「ほら、ここからナノイーが出ます!」って言っても、「アハッ♪」って感じるかもしれません。


まあ、良い製品だから許せますけど。


ナノケアには、HOTとCOLDだけじゃなくて、SKINとかSCALPといったモードがあります。


スキンモードって、広告だと顔につかっていますね。


スカルプモードは地肌に優しいそうです。髪の毛が気になる僕たちのようなお父さんには助かる機能です。あははは。


でも、パナソニックの説明を見ても、今一つ、釈然としません。


速く乾くのは分かるんです。ノズルの形状とか、風速とか、温度とかを工夫すれば可能だと思うのです。


でも、どうして、ここまで髪の毛がまとまるのか、そこが分かりません。だって、しつこいですが、パナソニックのサイトだと、、、


「ナノイー」イオンチャージPLUSで、「ナノイー」&ダブルミネラルがさらに髪に付着しやすく。しなやかでまとまる髪へ。


って、書いてますけど、理解できないのです。「ナノイー」が分からないし、「イオンチャージPLUS」なんて現象を知りません。


「ダブルミネラル」って、ドライヤーのどこから放出されるのだと。


説明がよく分からなくて、実際に効いているのかどうか分からないのなら、「ああ、広告にダマされたな」って、すっきりするんです。


でも、このドライヤーの場合、明らかに髪の毛がまとまったり、ツヤツヤするんです。パサつかないし、もう、自分で分かるんです。


その状態で、イオンチャージPLUSとかって言われると、逆に謎が深まります。


ということで、超難関大学を卒業したエンジニアの友達に、ナノケアがどうしてこんなにすごいのか、推測してもらうことにしました。


彼の説明は、とても分かりやすかったです。


「ああ、性能の良いイオナイザーがついてるんだろうね。」


パナソニックさん、こうやって説明してもらえませんかね?


このドライヤーを使って髪がまとまるのは、もちろん指とかブラシでゴシゴシと乾かさなくても、速く乾くということがあるんだと思います。


それと、イオナイザーがついていることで、髪の毛の静電気を減らすという機能があることなんでしょうね。


イオナイザーというのは、除電器と呼ばれたりすることもあるんですが、イオンを発生させて帯電した物体の静電気を除去する装置のことです。


プラスに帯電した物にマイナスのイオン、マイナスに帯電した物にプラスのイオンをあてて中和します。


すごく分かりやすいサイト ↓ がありました。


https://www.smcworld.com/ionizer/doc02.jsp


http://www.hugle.co.jp/products/ionizer/



家電とかで、「ここからマイナスイオンが出ます!」とかって聞いて「ほんまかいな?」って思いませんか?


でも、性能の良し悪しはあるでしょうけれど、イオナイザー(除電器)というのは工業分野では普通に使われています。


髪の毛ってプラスに帯電しやすいので、そこにマイナスイオンを飛ばしてやると、中和されて静電気が減るんでしょうね。


だから、ゴワつかずにピシッとまとまるんじゃないかと思いました。


ナノケアを使って髪の毛がツヤツヤになる理由というのは、僕にはよく分かりませんでした。


公式サイトには色々な説明がありましたけど、要は、髪の毛とか地肌へのダメージが抑えられるんだと思いました。


妻がドライヤーをブンブン当てている時間が驚く程に短縮されましたから。スマホを見ながら乾かすとか、そんなレベルじゃないくらいです。


忙しくて生乾きで寝たりすると、髪の毛が傷むとかって聞きますし。


そうか、そういうことか。


ほら、パナソニックだけじゃないけれど、イオンドライヤーって、結構なお値段がするでしょ?


イオンが出ない普通のドライヤーだったら数千円でも売ってますけど、要はヒーターと送風用のモーターがついていれば構わないわけです。


でも、髪の毛ではっきりと実感できるくらいのイオナイザーをつけようとすると、どうしても2万円とか、ドライヤーとは思えないくらいの価格になるのかもしれません。


2千円もしないようなイオンドライヤーが売られていたりもしますが、一度、ナノケアを使ってしまうと、別のドライヤーを試す気になれませんね。


毎日の洗髪が楽しくなるような、それくらい素晴らしい製品です。


普通のお父さんだったら、「マジかよ! ドライヤーなんかに2万円も出せるかよ!」って思うかもしれません。


僕だって、ビックリしました。


ナノケアを買って、さりげなく奥さんにプレゼントしたら、きっと喜んでもらえると思いますよ。


忙しい育児の中、お風呂上りにササッと髪の毛を乾かして休みたいでしょうし、髪の毛がまとまってツヤツヤしていたら素敵ですから。


そうそう、髪の毛がまとまってツヤツヤというのは、乾かした直後の話だけじゃなくて、朝、起きた後も持続するようです。


不思議ですよね。とりあえず、使ってもらうと分かると思います。