日の出保育園と日の出小学校地区児童育成クラブの前の交通安全の標識が劣化していたので、浦安市に相談して新品に交換してもらうことにした


2015年8月11日



こんばんは。

 

日の出保育園ならびに日の出小学校地区児童育成クラブにお子さんを預けている保護者の皆さんに、ちょっとした良いことがありましたのでご報告します。

 

新浦安方面から、自動車で日の出保育園や日の出小学校地区児童育成クラブ(学童)を通って、日の出地区の南部の住宅街に抜けるルートは、このようになっています。


ベイシティ浦安の付近で見通しの悪い左カーブなんですが、そこまでは一直線です。


そして、以前から、気になっていたことがあります。


写真の左上にありますが、保育園の駐輪場の付近の交通安全のための標識が劣化していました。


夕方に保育園の近くに行ってライトで照らしてみたんですが、あまりうまく光りません。

 

というか、ほとんど反射しません。

 

保育園の送迎時間には、たくさんの親子が徒歩や自転車で保育園に送迎に来ます。

 

この標識はあまりに劣化しています。

 

 

日の出保育園の保護者の皆さんは、先ほどの交通安全標識について、どう考えていたのでしょうか?

 

「いつか浦安市や保育園が気付いて修理するだろう。そんなことは保護者の役割ではない。どうして、うちの世帯がそんな面倒なことをしなくちゃいけないんだ」とお考えではなかったでしょうか?

 

興味がなくても責めるつもりはありません。保護者の義務でもありませんし、人それぞれです。

 

ということで、交通安全標識を新しくしてもらうために、浦安市役所に相談しました。

  

さて、7月くらいに保育幼稚園課の課長さんにご連絡差し上げたところ、「私の一存では決められませんが、お子さんや保護者の皆さんの安全に関わることですので、できるだけ早く担当課に連絡して対応します」とのことでした。

 

1ヶ月後の今、どのようにご対応頂いているか、お尋ねすることにしました。

 

すると、ご相談してから、すぐに保育幼稚園課の課長さんから交通安全課に状況を説明して一緒にご検討くださったとのことでした。

 

しかも、保育幼稚園課の課長補佐さんが、実際に日の出保育園の付近に来てくださって、安全のための標識とか周囲の状況を丁寧に確認してくださいました。

 

でも、相手が市役所だとすぐには変わらないかなって、あまり期待していなかったんです。

 

とはいえ、何も言わなかったら何も変わらないと思いまして、交通安全課にお尋ねしました。

 

とてもフレンドリーな女性の職員さんが応対してくださって、このようにお返事くださいました。

 

「日の出保育園の前の標識でしたら、新しく直すように話を進めています。今すぐではないですが、今年度内には工事できると思いますよ」

 

正直、驚きました。

 

それ以上に驚いたのは、このセリフでした。

 

「市の職員だけで浦安市全体を定期的に見回るのは大変なので、こうやって市民の皆さんから教えて頂けると助かります。ありがとうございます」

 

ヒノデダッズムは特定の自治体を持ち上げませんが、こういう姿勢は素晴らしいと思いました。

 

市民からの相談をクレームと受け取らずに、逆に支援と考えて行政対応に生かすって素敵だし、市民としても嬉しいですよね。

 

そうそう、安全標識って、先ほどの写真だけじゃないんです。

 

日の出小学校の子供達が通っている、日の出小学校地区児童育成クラブの方の標識も直してもらうようにお願いしました。

 

すると、こちらの標識も今年度内に新しくしてくださるという話でした。

 

「そういうのは運営者が気付いて対応すべきだ!」とか、「一体、日の出小学校PTAは何をやってるんだ!」とか「学童の父母会は対応しないのか!」といった気持ちが完全にないかと言われれば、否定はできません。

 

それと、日の出保育園に集まった新町エリアを中心とする保護者を見る限り、行政に対して積極的に提案をして街作りに参加しようという雰囲気は感じられませんでした。

 

けれど、そういうことにこだわるのは良くないと思うんですよ。

 

誰かが気付いて対応して、結果的にたくさんの子供達、たくさんの保護者の皆さんの安全を確保できるのなら、それでいいんだと思います。

 

父親の本当の役割というのは、ママさんの真似をすることじゃなくて、妻や子供を守ることだと思います。

 

、、、と偉そうに言ってみたものの、標識を直してほしいと日の出地区の住民が市役所に連絡しただけなので、別に大したことないかもしれません。

 

けれど、結構大変なんですよ。こういう調整って。

 

たぶん、来年度の予算で改修工事をやれたら早いくらいだろうな、、、今年度は無理だろうな、、、と思っていました。

 

思ったよりもずっと早く実現していただけるようです。

 

浦安保育フォーラムで、保育幼稚園課の皆さんと顔見知りになっていたからこそ、また、市職員の皆さんが保護者にフレンドリーだったからこそ、ここまでスムーズにご対応いただけたんじゃないかと思うんです。

  

浦安市の場合には、筋が通っていて予算的に問題なければ、また、市民が市役所と連携をとって建設的に話し合えば、かなりのことが実現できるんじゃないかと思い始めました。

 

ご支援頂いた皆さんに、心より感謝申し上げます。

 

今回のまとめ

交通安全の標識が傷んでいたら、浦安市役所の交通安全課に相談してみよう。