子供が育ってきたので、そろそろ映画館に連れて行くことにする

 

2015年7月4日

 

こんばんは。

 

パパ友達と飲みに行った帰りにみんなでタクシーに乗ろうとして、助手席のドアが自動で開くと信じて待ち続けてヒンシュクを買ったヒノデダッズムの僕です。

 

40年間、あのドアは自動で開くと思ってました。



さて、何度も言いますが、小さな子供がいる浦安のお父さんたちが必要としているのは屋内の遊び場だと思います。


確かに、外遊びも大切だと思うんです。


元町エリアには広い公園が少なかったり、中町エリアではボロボロの公園が多いように感じます。


浦安に住んでいる保護者にとって、そして、これから浦安に住もうかなと考えている若い人たちにとって、広範囲な公園の整備が大切だと思います。


加えて、育児をしている父親としては、炎天下や極寒、長雨といった状況で小さな子供を連れていけるスペースが必要だと思います。


例えばですね、僕は中町エリアの美浜地区の新浦安駅の近くに住んでいたことがありました。


中町エリアだと、交通公園に屋内で遊べるスペースがあるんですが、浦安には屋内の遊び場が少ないので、雨の日にはたくさんの親子が集まって混み合います。


とてもじゃないですが、元気一杯に遊ぶなんてことはできなくて、座ってブロック遊びをするとか、そういうことしかできませんでした。


仕方がないので、僕は、小さな子供を連れて駅前のショッピング施設に行きました。子供の手を繋いで廊下を歩くくらいしか、運動になる場所がなかったんです。


そして、たどり着いたキッズスペースがこんな感じです。

 

中町エリアの入船地区とか美浜地区にお住まいの保護者の皆さんならご存じかと思います。


別に、ショッピング施設を運営している会社がキッズスペースを充実させる義務なんてものはないわけで、場所があるだけでもありがたいことなんです。


でも、多くの親子が茫然と立ちすくむと思います。


新町エリアのイトーヨーカドーまでバスに乗って通ったこともありました。


浦安の中町エリアは子供の数が減っていて、最近、小学校が一つ閉鎖されました。


ここから盛り返すためには、若い子育て世代の心にグッとくる環境が必要だと思うんですよ。


カエルの子はカエルなので、シネマイクスピアリに行くことにした

さあ、シットリした話はここまでにしましょう。

 

でも、せっかくの休日なのに、外は雨。

 

どうにかして子供を遊ばせようと頭を回転させます。

 

ここは父親としての本能(、、、と勝手に呼んでいるだけの)DADZMを発動しなくてはいけません。

 

できれば、漫画本でも読んでゴロ寝していたい気がしなくもないですが、子供達に襲撃を受ける危険性が高いですし。

 

僕だけで子供を連れて、妻には自宅で休んでもらうというストラテジーでもいいわけですが、できればリフレッシュさせてあげたいとも思いました。


うちの夫婦は映画が大好きです。ほら、カップルって、デートで映画に行くことが多いと思いますが、うちの場合は隣に誰がいるとかを忘れて、ガチで映画にのめり込んでいました。

 

僕の父親も映画が好きで、小さい頃には、よく「トラック野郎」とか、ヤクザ映画を観に連れて行ってくれました。

 

僕的にはドラえもんの映画を観たかったんですが、映画館にたどり着いたら時間が合わなくて「セーラー服と機関銃」を観たり。

 

ネットでスケジュールを確認できないような時代が懐かしくもあります。

 

そして、僕たちのような夫婦の間に生まれた子供が映画を嫌うはずがなくてですね、やっぱり、映画が大好きなんです。

 

そういえば、今日から全国の映画館で「ひつじのショーン」が公開されるという話を耳にしました。

 

子供達に「ショーン、見に行くか?」と話を振ったら、全力の笑顔でした。

 

子供達も育ってきましたので、妻には映画を観てもらってもいいし、どこかでのんびりと買い物に行ってもらってもいいわけです。

 

ということで、シネマに行くことにしました。

 

こういうことを書くと、「浦安で映画を観るべき4つの理由!」とか「浦安からアクセスできるシネマベスト3!」みたいなアフィブログ記事が立ち上がるかもしれませんが、別に構いません。

 

実は、浦安って、映画好きな人にとって素晴らしくラッキーな立地にあるんです。

 

僕が知っている限りだと、浦安の舞浜地区のイクスピアリにある「シネマイクスピアリ」とか、、、

 

http://www.ikspiari.com/cinema

 

市川市のイオン市川妙典店にある「イオンシネマ」とか、、、

 

http://www.aeoncinema.com/cinema/ichikawa

 

船橋市のららぽーとTOKYO-BAYにある「TOHOシネマズららぽーと船橋」とか、、、

 

http://hlo.tohotheater.jp/net/schedule/018/TNPI2000J01.do

 

ちょっと、遠いかもしれないけれど、東京都のアーバンドック ららぽーと豊洲にある「ユナイテッド・シネマ豊洲」とか、、、

 

http://www.unitedcinemas.jp/toyosu/film.php

 

ね? すごいでしょ?

 

どの映画館も、浦安から電車で普通にアクセスできます。マイカーならもっと楽でしょうし。

 

見たい映画の種類どころか、上映スケジュールまで調整できたりするんです。

 

ユナイテッドシネマは体が震えるくらいの音響効果がすごかったり、シネマイクスピアリは雰囲気が抜群だったり、イオンシネマは子連れが快適だったり、それぞれの映画館には、それぞれの良さがありますね。

 

「うーん。どこに行こうかな。。。」とサイトを見ていたら、なんと、なんとなんと、TOHOシネマズららぽーと船橋でぇえええ!

 

攻殻機動隊 新劇場版GHOST IN THE SHELL THE MOVIE」がぁああ!

 

しかし! ショーンに興奮している子供の朝食が終わらない!

 

間に合わない!!

 

攻殻については、夜にでも一人で行くか、冬のボーナスでDVDをポチることにして、今日はショーンに集中することにしました。

 

ということで、舞浜地区のシネマイクスピアリに行ってみます。

 

ひつじのショーン~♪


ひつじのショーン~♪


コレコレ!


本日、公開! しかも、午前中の一番早い時間帯です。


映画好きな妻も、一緒に見ることにしました。


シネマイクスピアリって、小さな子供が座ってもスクリーンが見えるように、チェアを用意してくれていたり、色々と配慮があって助かります。


それ以上に、「ああ、うちの子たちも映画を観ることができるようになったんだなぁ」と感無量でした。


僕は、ネタバレするようなレビューは大嫌いなので、中身の紹介はしません。


でも、育児中のパパさんたちは、最初のシーンで、すでにウルウルすると思います。


全体的には、ショーンの長いバージョンって感じですが、映像も音声も素晴らしいし、大人が見ても楽しめます。


子供達の笑いが会場に広がったり、みんなで、すっごく盛り上がりました。


屋内の遊び場じゃないかもしれないけれど、頭をフル回転させるので、結構、楽しく疲れてくれるんじゃないでしょうかね。


そして、何よりうれしかったのは、妻が楽しそうに映画を観ていたことです。


交際していた時も、こうやってうれしそうにしていましたし、子供達も「パパとかママも楽しんでるかな?」って、チラチラと見てくるんですよ。


その姿がすごく可愛かったり。


映画が終わったら、イクスピアリの一階のフードコートでランチです。昼食を作らない休日を用意しておけば、妻が楽ですから。


映画を観て、イクスピアリの中をブラブラして、ご飯を食べて、大満足でお家に帰りました。


父親だけで子供を映画に連れて行く時は、市川妙典のイオンシネマの方が楽だったりする

でも、僕、イクスピアリって、あまり好きじゃなかったりもします。


なにせ、浦安だけじゃなくて、日本中から観光客が来たりもしますし、休日は混み合っています。


妻が一緒なら何とかなるんですが、僕だけで子供を連れて行ってランチまで食べさせると、結構大変です。


待ち時間がすごく長かったり。


なので、僕だけで子供を映画に連れて行く時には、イオン市川妙典店のイオンシネマの方が好みです。


そうそう、少し前の話ですが、どういうわけか、突然、妻がいない状態で子供達と一日を過ごそうという気分になりまして、平日に休みをとったことがありました。


そんな時に限って天候は雨。


この時は、市川市のイオンシネマに行きました。


「イオンの映画館~、どうせ大したことないだろ~」と思っていたら、かなり本格的でした。


この時は、ちょうど、「プリキュアオールスターズ 春のカーニバル♪」という映画が上映されていました。


子供は大喜びだったんですが、僕はあまりの衝撃に鳥肌が立ちました。


そして、チケット売り場で「え~、プ、プリキュア、大人1枚、、」と口にした瞬間、僕の心の中で新しい世界への扉が開いた気がしました。


小さな子供と映画を観る時には、何か食べ物を持ちこんだ方がおとなしかったりもします。


このイオンシネマのポップコーンやドリンク類は、レギュラーサイズでも大きいので驚きました。


「プリキュアオールスターズ 春のカーニバル♪」を見た感想。。。

 

最初の1時間、簡単なイントロがあった後で、色々なプリキュアが出てきて、延々とステージで踊っていました。

 

喜んでいる子供達とは対照的に、僕の思考は止まって頭から何かが抜けた気がしました。

 

そして、ラストの30分間で、凄まじい数のプリキュアたちが悪者とかドラゴンと闘ったりして、まあ、それなりに楽しかったんじゃないでしょうか。

 

ただ、一つだけ気になる点としましては、空中を飛んでいるドラゴンと闘う場合には、どう考えても遠隔攻撃が必要だと思いました。

 

オールスターズの中で、超遠距離射撃が得意なのは、キュアエースなんですよ。

 

彼女がラブキッスルージュを構えて、エースショットを「ばきゅ!!」って撃ったら、あんなに苦労しないはずなんです。


でも、キュアエースが何も活躍しなかったんです。

 

確かに、キュアエースは長時間の戦闘ができないのは分かるんですが、力を温存するくらいのことはできたんじゃないかと。

 

あの状況なら、キュアエースの両サイドに、ディフェンスが得意なキュアロゼッタとキュアミントを配置してですね、全方向にシールドを展開するんですよ。


そして、キュアエースの背後にヒーリング能力をもったキュアハニーを配置して、至近距離で体力を回復させながらエースショットを撃ちまくればいいんです。


ドラゴンが弱ってきたら、リーダー格のプリキュアが集まって、近接戦闘型のキュアブラックとかキュアホワイトを飛ばしてですね、ドラゴンのコメカミとか首筋に直接攻撃して仕留めればいいんです。

 

どうして、キュアエースが頑張らないのか、不思議だなって思ったら、キュアエースの声優の釘宮理恵さんが参加してませんでした。

 

大人の都合なんでしょうかね。。。

 

生まれたばかりの女の子のパパさんは、「ウワッ、コイツ、キモい!」って思うでしょ?

 

すぐに同類になりますから。

 

休日に延々とプリキュアを流されたら、嫌でも暗記します。

 

子供が大きくなってきたら、映画って、楽しいと思いますよ。


奥さんのリフレッシュにもなると思います。