最終回: 想像以上の施設ができたみたいだ(2015年3月1日)

 

シリーズでご紹介してきた渋谷教育学園の幼保連携型認定こども園のお話ですが、今回で最終回となります。

 

開園まで約1ヶ月くらいでしょうか。そろそろ完成したかもしれませんので、総合公園に子供達を連れて行くついでに立ち寄ってみました。

 

以前、完成当初の日の出保育園の写真を頂いた時にとても感動しました。こうやって記録しておくと、将来、誰かが見てくれると思いました。

 

イトーヨーカドーの方からやってきて、歩道から撮影しました。向こう側に白い建物が見えます。


想像以上に周囲の環境に溶け込んでいて、あまり目立ちません。


もう少し近づいてみました。派手な建物をイメージしていましたが、ずっと前からこの場所に建っていたような落着きを感じます。


明海第3街区公園から撮ってみました。この広場は園庭ではなくて、浦安市の公園ですが、子供達が自由に走り回れそうですね。


こども園と公園の間にはフェンスが設置されています。


建物全体を撮ってみました。明海第3街区公園が、まるで広い園庭のように見えます。この立地は素晴らしいです。


屋上部分には、フェンスが見えます。空中園庭のようなものが作られているのでしょうか?


確か、元町エリアのダイエーに作られた認可保育園では、屋上に園庭があるという話を聞いたことがあります。


正面が見えてきたようです。茶色のシックでスタイリッシュなデザインです。


手前には、公園に木が植えられていて、子供達が原っぱで遊ぶこともできそうです。


作業員の方が最後の仕上げをしてくださっているのでしょうか。この付近は駐輪場のような気がします。


建物の左上にカッコいいエンブレムが見えます。


SHIBUYA URAYASU KINDERGARTEN と書いてあります。

 

あれ? Kindergarten は「幼稚園」という意味じゃなかったかな?

 

札幌市のサイトでは、「認定こども園」を英語でこのように表記していました。

 

Center for Early Childhood Education and Care

 

駐車場の入り口でしょうか。


定員が200名を超える割には、駐車場の台数が少ない気がします。職員用なのだろうか?

 

ノウハウのある渋谷教育学園ですから、駐車場待ちの保護者の車がズラズラと並んで道路を塞ぐようなことはないと信じています。

 

少し歩いたところには、総合公園があります。


さて、開園まであと少しです。子どもたちも、親御さんたちも、先生方も楽しみに待っていることでしょう。


皆さんにとって素晴らしい施設になることを願っています。